タンブラーは茶こし付きが人気!おしゃれで洗いやすい&こぼれない!タンブラーの種類と選び方

素材や構造、飲み口の形式など、タンブラーにはたくさんの種類があります。タンブラーを購入する場合は、容量や性能、デザインなどに注目することで、自分好みで使いやすいタンブラーを選ぶことができます。

ここでは、茶こし付きのおしゃれなタンブラー「Tii Bottle」を扱うLink 2 Japanが、タンブラーの種類やタンブラー選びのポイントについて解説します。

タンブラーにはどんな種類がある?

一口にタンブラーといっても、素材や構造、飲み口の形式など、非常にたくさんの種類があります。
素材に着目すると、主にプラスチック製やガラス製、ステンレス製の3つに分類可能です。プラスチック製は中のドリンクが見えておしゃれである一方、ニオイが付きやすい、色素沈着しやすい、傷が付きやすいといった欠点があります。その点ガラスは、重量は重くなりますがニオイや色が付きにくいのが魅力です。ステンレス製は保温性に優れているという特徴があります。

構造に関しては1層構造や2層構造、真空2層構造などがあり、後半に名前を挙げたものほど保温性が高い構造です。ただし、2層は1層よりも構造が複雑な分だけ重量が重くなっている点には、注意しておく必要があります。

飲み口の形式はスライド式とキャップ式が主流です。
スライド式は、飲み口の開閉が簡単にできる分キャップ式よりも密閉性が低いため、こぼれないような配置でカバンの中に入れる必要があります。
キャップ式は密閉性が高いものの、肝心のキャップを無くしてしまうと使い物にならなくなる点には、注意が必要です。

何を重視して選ぶかによって、購入すべきタンブラーも変わってきます。

Link 2 Japanでは、茶こし付きのタンブラー「Tii Bottle」を販売しています。お茶・紅茶・出汁などを入れておくタンブラーとして使える2重構造のガラスボトルで、形状がシンプルで洗いやすいのが特徴です。また、横倒しにしてもこぼれない構造になっているので、持ち運びも安心です。おしゃれな茶こし付きのタンブラーに興味をお持ちの方は、ぜひLink 2 Japanのホームページをご覧ください。ご家庭用はもちろん、ビジネス用にも最適です。

商品一覧はこちら

洗いやすい!こぼれない!タンブラーの失敗しない選び方

タンブラーにはたくさんの種類があり、いざタンブラーを購入することになると、どれを買うべきかで迷ってしまうかもしれません。そこで、タンブラーやマイボトルを選ぶ際のポイントをご紹介します。

◇容量
ドリンクを入れて持ち運ぶ以上、容量は非常に重要な要素です。仕事内容や就業時間などに合わせた容量のタンブラーを選ぶことが大切です。

◇性能
タンブラーとしての性能も、タンブラー選びの際に欠かせない要素です。
洗いやすいのはもちろん、夏には冷たいもの、冬には温かいものを長時間入れておきたいのであれば、保冷性や保温性が重要です。カバンに入れて持ち運ぶことが多いのであれば、こぼれない密閉性も必要です。利用するシーンを思い浮かべて、どのような性能が備わっていたほうがよいかを考えて選ぶようにしましょう。

◇デザイン
毎日利用するタンブラーだからこそ、自分の気に入ったデザインのものを選ぶのがおすすめです。かわいいもの、スタイリッシュでおしゃれなもの、手作りで一点物のデザインなど、「これだ!」と思えるデザインのタンブラーだと、毎日持ち歩くだけで気分も上がります。


Link 2 Japanでは、シンプルで洗いやすい構造の茶こし付きボトルタンブラー「Tii Bottle」を販売しています。2重構造で割れにくく、-20℃~150℃という耐久温度を備えたおしゃれかつ機能性に優れたガラスボトルです。横倒しにしてもカバンの中でこぼれる心配はありません。冷蔵庫や冷凍庫の隙間にうまく収納することができます。茶こし付きのタンブラーをお探しの方は、ぜひ「Tii Bottle」をご利用ください。

茶こし付きのおしゃれなタンブラーをお探しなら「Tii Bottle」

タンブラーには、素材・構造・飲み口の形式の違いなど、様々な種類があります。タンブラーを選ぶ際は、容量や性能、デザインに着目することで、自分のお気に入りの商品を見つけられるでしょう。

Link 2 Japanでは、シンプルでおしゃれな茶こし付きのタンブラー「Tii Bottle」を販売しています。横倒ししてもこぼれない構造になっていて洗いやすい形状なので、非常に使いやすい商品です。長く使えるタンブラーをお探しの方は、ぜひご検討ください。

商品一覧はこちら

タンブラーは茶こし付きがおすすめ!その理由と使い方を解説 紅茶を入れるタンブラーなら「Tii Bottle」

タンブラーにはいろいろな種類のものがあります。中でも茶こし付きのタンブラーには、ほかのタンブラーにはないメリットがあります。

しかし、茶こし付きのタンブラーを初めて見る方の中には、どのようにして使えばよいのか、戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。そこでここでは、茶こし付きのタンブラーのメリットや使い方について解説します。

紅茶やコーヒーが淹れたてで飲める!茶こし付きタンブラーならではのメリット

タンブラーには、ステンレス製やガラス製のもの、200ml程度のミニボトルから大容量のものまで、様々な種類があります。最近では茶こしが付いているタンブラーも多く登場しています。ここでは、茶こし付きのタンブラーを使用するメリットを見ていきましょう。

◇紅茶やコーヒーなどをいつでも淹れたてで飲める
茶こしが付いているタンブラーの最大のメリットは、何といっても紅茶やコーヒー、お茶などをいつでも淹れたてで飲めることです。
淹れたてのものは時間の経ったものと比べて、香りも味わいも格段に優れています。朝淹れてから時間が経ったものを飲むよりもはるかに満足感が高いでしょう。

◇ティーバッグを使うよりも経済的
ティーバッグは確かに紅茶などを淹れるのに便利です。しかし、リーフティーを使って淹れるほうがティーバッグより、コスパがよいことは間違いありません。
毎日の必需品はできるだけコストを抑えたいものです。リーフティーと茶こし付きタンブラーの組み合わせは経済的でおすすめです。

◇洗い物が少なくて済む
普通のタンブラーにお茶や紅茶などを入れる場合、ポットや急須などを使って淹れた後に移し替えなければいけません。必然的に洗い物が多くなってしまいます。
一方茶こし付きのタンブラーは、タンブラーにそのままお湯や水を入れればよいので、洗い物をグッと減らすことができます。

健康・美容を考えて茶葉で飲みたいとお考えの方は、いらっしゃいませんか。Link 2 Japanでは、茶こし付きの2重ガラスボトル「Tii Bottle」を取り扱っています。お茶や紅茶といった飲み物を淹れるだけでなく、出汁を取るのにも利用可能です。プラスチック製と違ってガラス製ですので、ニオイがつきにくい点も人気の理由です。毎日の生活にマイボトルを取り入れたいという方は、ぜひ「Tii Bottle」をお使いください。

商品一覧はこちら

茶こし付きタンブラーの正しい使い方

茶こし付きタンブラーでお茶や紅茶を淹れる場合、まずは茶こしの部分に茶葉を詰めます。茶葉が外にこぼれないようにしっかり蓋を閉めて、お湯やお水を注いでください。しばらく待てば、おいしいお茶や紅茶のでき上がりです。

このように使い方自体は非常に簡単です。ただし、茶こしの部分がいろいろなパーツから構成されているタンブラーの場合、パーツを無くしてしまうと、うまく淹れられなくなってしまう可能性があるため注意が必要です。

タンブラーによって茶こしが上部に付いているものもあれば、下部に付いているものもあります。どちらに付いていても基本的な使い方は変わりませんが、持ち運ぶ際にタンブラーの上下に気をつけるようにしましょう。
また、下部に付いているものはついついそのまま放置してしまいがちですが、きちんと洗って清潔に保つようにしましょう。

Link 2 Japanでは、スタイリッシュな見た目の茶こし付きタンブラー「Tii Bottle」をご用意しています。耐久温度が-20℃~150℃で割れにくく、横に倒して冷凍も可能で、機能的にお使いいただけます。茶こし付きで便利なタンブラーやボトルをお探しの方は、ぜひ「Tii Bottle」をお求めください。

茶こし付きのタンブラーは経済的で便利!

茶こし付きのタンブラーを使う場合は、茶こしの部分に茶葉を詰め、お湯やお水を注いでしばらく待つだけでOKです。コンビニなどでボトルドリンクを購入したり、ティーバッグを使って淹れたりするよりも、経済的かつ洗い物が少なくなるなどのメリットがあります。ご家庭のティータイムに、仕事のブレイクタイムに、茶こし付きのタンブラーを活用しませんか。

Link 2 Japanでは、茶こし付きのタンブラー「Tii Bottle」を取り扱っています。デザイン性・機能性に優れていますので、ご自宅に限らず、持ち運んで使用するのもおすすめです。茶こし付きのタンブラーをお探しでしたら、ぜひ「Tii Bottle」をご利用ください。

商品一覧はこちら

長財布が入るサブバッグはおしゃれで普段使いにもおすすめ!その理由とサブバッグの選び方

メインのバッグ以外にもう一つ持ち歩くサブバッグ。サブバッグは、特に女性を中心に人気があります。サブバッグを選ぶ際は、書類や長財布が入るサイズかどうか、貴重品を入れても安心なようにホックやジッパーが付いているかどうかなどがポイントです。

ここでは、サブバッグとしても使える花柄のおしゃれなバッグを扱うLink 2 Japanが、サブバッグが女性に人気がある理由やサブバッグの正しい選び方について解説します。

社内での移動や通勤に便利!サブバッグが女性に人気の理由

メインのバッグのほかにもう一つ持つバッグ、いわゆる「サブバッグ」は女性を中心に大変人気があります。
女性の場合、化粧道具やアクセサリーなどを持ち歩くことも多く、どうしても荷物が増えて重くなりがちです。そんなときにサブバッグがあれば、荷物を分けて持てるので重さが分散されますし、通勤でも荷物がパンパンのカバンを一つ持つよりは、カバンを二つに分けて持つほうがスマートに見えます。

荷物を二つに分けることで、何がどこに入っているかを把握しやすくなり、必要なときに必要なものを取り出しやすくなるというメリットもあります。
また、長財布が入る程度の大きさのサブバッグであれば、社内の移動やランチを食べに社外に行くときなど、サブバッグだけ持てば済むという使い勝手の良さも便利なポイントです。

Link 2 Japanでは、サブバッグとしても使える花柄のおしゃれなバッグを取り扱っています。フランスのデザイナーが手がけたデザインで、普段使いはもちろん、ビジネスやフォーマルシーンにも利用できる点が魅力です。通勤時や社内での移動に便利なバッグをお探しの方は、ぜひご利用ください。

おしゃれ!普段使いがしやすい!サブバッグの賢い選び方

サブバッグにはいろいろな種類があるので、通販で探すときにどれを買うべきか迷ってしまうかもしれません。サブバッグを失敗せずに選ぶためには、以下のポイントに注意しましょう。

◇中に入れるものや使用シーンによってサイズを決める
カバンに書類を入れて通勤することが多いのであれば、A4サイズが入るカバンだと重宝します。社内を移動するときやランチなどにサブバッグを利用したいのであれば、長財布が入る程度の大きさのものだと、サブバッグだけを持って移動すればよいので荷物が少なくて済みます。
普段使い用のサブバッグを選ぶ際は、A4サイズの書類や長財布が入るかどうかが大きく関係してきます。これらの点に注意して選ぶとよいでしょう。

◇全体とのバランスが重要
服装やメインのバッグとの雰囲気や色合いを合わせることも、サブバッグ選びにおいて重要なポイントです。全体とのバランスを考えて選ぶのもいいですし、服装がシンプルなことが多い場合にはデザイン性の高いサブバッグでアクセントにしても良いかもしれません。大きなサイズのバッグならシンプルなデザインを選びがちですが、小さなサイズのサブバッグであれば派手なデザインでもファッションのアクセントになります。

◇ホックやジッパーが付いていると安心して使いやすい
サブバッグには、財布やスマートフォンなどの貴重品を入れて持ち歩くことも少なくありません。ホックやマグネットボタン、ジッパーなどが付いていて貴重品をしっかり守れるバッグのほうが、安心して使うことができます。

長財布が入るサイズのサブバッグは普段使いがしやすくて便利!

メインのバッグ以外にサブバッグを利用することで、荷物を整理できたり荷物の重さを分散できたりするので、サブバッグは女性を中心に人気があります。
サブバッグを購入する際は、書類や長財布が入るかどうかといったサイズや、ファッションとのバランス、普段使いしやすいかどうかなどを意識して選ぶとよいでしょう。

Link 2 Japanでは、フランスのデザイナーが手がけたおしゃれなバッグをご用意しています。財布やスマホをはじめ、眼鏡や電卓、イヤホンや充電ケーブルなどあらゆる小物が入るマルチバッグです。おしゃれなサブバッグをお探しの方は、ぜひLink 2 Japanでお求めください。

商品一覧はこちら

【出張】短い充電ケーブルやレザーポーチなどについて

 

短い充電ケーブルケース「スマートリンクカード」は出張にも最適!出張に便利な持ち物と充電ケーブルをコンパクトに収納する方法

短い充電ケーブルは絡まない&スタイリッシュで出張にもおすすめ!ケーブルの種類と選び方

レザーポーチの持ち運びはビジネスマン(メンズ)にもおすすめ!レザーポーチの使い方 サイズ?素材?バッグインバッグを選ぶ際のポイント

ビジネスにレザーポーチの持ち運びが便利!レザーポーチの選び方 ポケット付きの充電ケーブルケースを販売

タンブラーは茶こし付きが人気!おしゃれで洗いやすい&こぼれない!タンブラーの種類と選び方

タンブラーは茶こし付きがおすすめ!その理由と使い方を解説 紅茶を入れるタンブラーなら「Tii Bottle」

長財布が入るサブバッグはおしゃれで普段使いにもおすすめ!その理由とサブバッグの選び方

長財布が入るサブバッグはOLにも人気!マチ付き?デザイン?通勤用・社内用バッグ選びのポイント

スマホと財布が入るサブバッグは愛犬家にもおすすめ!犬の散歩用バッグの種類 花柄のかわいいサブバッグを販売

スマホと財布が入るサブバッグはOLにも人気!貴重品を入れるためのバッグの条件 マチ付きのポーチをご用意 

茶こし付きのタンブラーを通販するLink 2 Japan 概要

[会社名]
Link 2 Japan

[代表者]
今井香織

[会社住所]
〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町1丁目4−10−402

[URL]
https://www.link-2-japan.com/

[事業内容]
輸出・輸入・商品プロデュース・通訳・翻訳(英語⇔日本語)